【遅い日記】7/16 西沢幸奏 SHIENA NISHIZAWA LIVE TOUR “Break Your Fate” @神戸VARIT.

NO IMAGE
Pocket

おはようさんでございます。
ふれいぶです。

初夏の芸術シリーズを書かないまま真夏になってしまい、1個1個書くのも今更大変過ぎるのでまとめようと思ったのだけど、
まとまらなかったので別立てにします。

の第3弾が今の今までほったらかしになっていました。
ので、放出しておきます。
(画像として貼れそうなものが手持ちには何もなかった)

これも分島花音さんのLIVEと同様、アルバム1枚に惚れ込んでの参戦となりました。

入場!

会場の神戸VARIT.は公道で行列を作って入場待ちさせられるスタイルで、直射日光と人の視線とで死にかけました。

分島花音さんのLIVEがわりと閑散としていたので、ライブハウスというものを完全に舐めきっていた私は入場後、
男性陣による圧殺でやはり瀕死。
激込みだよ! 何も見えないよ!

開演!

無いんですね。バックバンド。
ギター1本ゴリゴリ弾きながら歌う幸奏さんかこいい。
ほぼ見えないけど。

もう全曲ロック感バリバリの曲で、若いなぁ元気だなぁって思いました。

The Astarisk War, Gemini, Brand new worldあたりは絶叫やし、
艦これわからんけど吹雪と帰還は鳥肌でした。
(NETFLIXのリストに居たので、そのうちアニメ観てみようぐらいは思っている)

貴重なスローテンポ曲のピアチェーレはセットリストに無かったですよ。
(「今回初となるタオル回しを何の曲でやるか」で、
客席から同曲のコールがあったのへ「ピアチェーレなわけないじゃん、子守歌になっちゃうよ」には笑った)

あ、ありましたよタオル回し。
タオル買ってなかったからエア回しやったけど。

ちょっと前に書いた記事でLiSAさんのLIVEの事をあんだけ書きなぐっておいて、
時間が経ってるから、は言い訳に出来ないけど、書くことは以上。

真夏の男まみれのライブハウスに圧倒されつくしながら、それでもノリノリで駆け抜けたLIVEでした。

ほな、また。

LIVE・舞台等カテゴリの最新記事