【日記】 米朝一門会 におじゃましてきました

2018-09-10LIVE・舞台等米朝一門会, 落語

Pocket

おはようさんでございます。ふれいぶです。
昨日は、大阪・サンケイホールブリーゼで開催された 米朝一門会 におじゃましてきました。

Untitled

昨年に引き続きおじゃますることとなり、今後のお正月の恒例行事となるかもしれません。

一番手は桂米輝さんで「阿弥陀池」
他の落語会で前座として出てこられても必ず場を盛り上げて行かれるので、今最も注目している若手噺家さんです。
同じ洒落を複数のパターンで演じ分けなければならない「阿弥陀池」、上手に演じ分けておられました。

二席目は、桂歌之助さんで「道具屋」
演じ方は教科書通りといいますか、無難にやり遂げたイメージ。

続く桂ざこば師匠は、「しじみ売り」の一席。
何のお噺をされるかと楽しみにしておりましたが、私自身大好きな「しじみ売り」を、ざこば師匠のバージョンで聞ける日が来るとは。
泣ける人情噺ではありますが、お正月だからなのか、ざこば師匠の演じ方が普段からそうなのか、笑いの要素が多めに盛り込まれた「しじみ売り」でした。

中トリは桂南光師匠の「つぼ算」
この方にこの噺をされると笑い過ぎて腹筋が持ちません。上手過ぎる。
主人公たちが二荷入りのつぼを担いで帰ろうとするところへ、瀬戸物屋が「お客さーん! 勘定が合いませんねん! お客さーん!」と呼ぶところなど、ただ呼んでいるだけなのに爆笑ものの演技。さすがです。

image

中入りの後、桂南天さんで「野崎詣り」
以前南天さんの落語を聞いた時は、六代目・桂文枝作の創作落語「宿題」を演じ、文枝師匠にも負けない爆笑の渦を巻き起こしておられました。
今回の「野崎詣り」も、面白かった。
身体全体をダイナミックに使って、登場人物の動きや性格をよく表しておられました。

大トリは桂米團治師匠「親子茶屋」
故・米朝師匠の息子さんという立場もあり、若旦那ものがよく似合います。
旦那さんが息子の若旦那を呼びつけて小言を言う冒頭部分から「七段目」かと思いましたが、今回は「親子茶屋」でした。
(ちなみに、私は過去2度米團治師匠の落語を生できいていますが、どちらも「七段目」でした。
もし今回も「七段目」だったら、3度も連続で同じネタを聞くことに)

米團治師匠の演じる若旦那は、生意気な中にも品の良さを感じさせます。
毎日小言を言う父の様子を「鳴らしすぎて鳥に怖がられなくなった鳴子」にたとえてしまう若旦那、クズ過ぎて笑います。


……というような具合で、今年も良い笑い初めが出来ました。
ざこば師匠の「しじみ売り」と、南光師匠の「つぼ算」がきけたので、満足。

余談・大阪天満宮の交通整理スタッフの話

米朝一門会の会場へ向かう途中、大阪天満宮へ寄ったのです。
昨年買ったお守りとお札を返納するためだったのですが、交通整理をされていたスタッフの言い回しが以下。

「……したり、お守りを買ったり、カップルでイチャイチャしたい方は右の通路をお通りください。
そしてカップルの皆様は末長く、爆発してください」

正直失笑を誘うレベルではあるものの、お正月から独自性を出しつつ頑張っておられるスタッフの方に乾杯。

ちなみに、せっかく寄った大阪天満宮ですが、あまりの人の多さに入り口前に行列が出来ており、並んでいては米朝一門会の開演に到底間に合わないということで、参詣叶わず撤退しました。
もれなくプチ爆発しましたよ、スタッフさん。