【ドラマ】 白い巨塔 (2003) 感想〜善悪のバランスがとれた後半が好き

NO IMAGE
Pocket

白い巨塔 (2003)

作品概要

2003年
キャスト:
唐沢寿明
江口洋介
伊藤英明
上川隆也
石坂浩二

感想

今回の2003年版よりもずっと前にもドラマ化されているが、そちらは未見。
あと、これほどの作品なので、ネタバレは気にしないで書く。

医学部内の政治を描いた第1部と、医療過誤をめぐる裁判の第2部

第1部

物語の前半となる第1部は、浪速大学医学部助教授である財前五郎(唐沢寿明)が、自らが師事する東教授(石坂浩二)の退官に際して行われる教授選にて、教授の座を射止めるべく奔走する様子を描く。
料亭で作戦会議や密会を催しては金をばら撒き根回しに全力を注ぐシーンは、教授選が単純に実力を評価する場ではなく政治力を競う場であることをよく表している。
現実世界のところはどうだか知らない。

地位と権力を欲し、それを得るためなら手段を選ばない財前。
外科医としては一流の腕を持ちながらも、彼のやり方は患者に寄り添う姿勢など微塵も見せないもの。
そんな財前に「それではいけない」と諭そうとするのは、里見脩二(江口洋介)。
地位や権力には興味を示さず、がん治療の研究をしながら患者第一の姿勢で医療に従事する里見は、財前とは医師として対照的。

教授選では財前が教授の座を手にし、ますます増長してふんぞり返った状態で、第2部へと突入。

第2部

財前が教授となり、ますます成功を積み重ねようとしていたまさにその時、自分の都合で手術に踏み切った患者が亡くなってしまった。
里見や、医局員の柳原(伊藤英明)から「手術の前に、より詳しい検査が必要だ」と散々言われていたのに。
結果、その死は財前の検査怠慢、すなわち医療過誤によるものだとして、財前が訴えられてしまう。

第2部は主戦場が病院内から裁判所へと移り、1つの裁判をずっと追っていく形となるので、第1部とは雰囲気ががらりと変わる。
個人的には、第1部よりこの第2部の方が好みだ。

色々複雑なものを横に置いて「善悪のバランス」という1点に絞る見方をしたとき(少々幼稚ではあるが)、第1部は物事の善悪に関して「善」を担当する主要人物が里見しかおらず、ヤラシイやつらが別のヤラシイやつらと戦ってるのを見てるだけ。
こちらとしては誰を応援するでもなく、あまり燃えるものが無いと感じる。

一方で、第2部は裁判の中で善悪のバランスがある程度とれてきて、わかりやすく、感情移入しやすい対立構造が生まれる。
第2部では人間として(比較的)まともな、原告側弁護士の関口(上川隆也)が登場。
第1部は色々と極端な人間ばかりなので感情移入する対象が限られるのだが、関口はそう極端でなく、曖昧さと柔軟さを持つ人間くさい部分が感じられて好感が持てる。
やっと私にとっての主人公が現れた、という気持ちで、ずっと関口視点でストーリーを追っていた。

最後は短く、儚く。

物語終盤、裁判の判決が出た時点で財前の肺ガンが発覚。
もうそこからは亜音速のスピードで病状が悪くなり、財前が天へと旅立って物語が終わる。

「もっと上へ、もっと高い所へ」と突き進んできた財前が、突然訪れた死の宣告に対しどう臨むのか、というあたりが本当に少ししか描かれないので、ちょっと歯がゆい。
ただ、いざそれを作ってみたらダレるというのもわかるので「ただ……無念だ」とシンプルに済ませる方が美しくて良いのかな。
「お前に診てもらいたいんだ」と里見のところへ駆け込んだり、東教授と和解したりと、彼自身の変化については描かれていないわけではないし。

極端で、融通の利かない人だらけの物語

先述のように、財前にしろ里見にしろ、その他大学関係者にしろ、なんだか極端で融通の利かない人たちが多いドラマだった。
それが大学病院のリアルであるかどうかはさておいて、登場人物のうち数人でも、もう少し柔軟であったならば、こんなに話がこじれることはなかった。
特に財前など、実力があり、もうすぐ地位も権力も手に入れるのだから、もう少し慎重になって丁寧に物事をこなしていれば、躓くことも無かったであろうに。
(書いていて思ったが、誰かもうちょっと融通利かせればこうはならなかったのに、という構造はシェイクスピアの「ハムレット」によく似ている)

まぁそういう、登場人物それぞれのしつこさや暑苦しさが全面的にぶつかり合うのがこのドラマの大きな魅力でもある。
他にそこまで気合いの入ったドラマも少ないし、まだ未見の方は是非一度ご覧ください。

以上。ほな、また。

ドラマカテゴリの最新記事