【映画】『 アポロ11 完全版 』感想~かつて宇宙の図鑑を読み耽った童心も大満足の偉業譚

【映画】『 アポロ11 完全版 』感想~かつて宇宙の図鑑を読み耽った童心も大満足の偉業譚
Pocket

アポロ11 完全版

apollo11_1

アポロ11 完全版 作品概要

2019年 アメリカ
原題:Apollo 11
監督:トッド・ダグラス・ミラー
キャスト(本人):
ニール・アームストロング
バズ・オルドリン
マイケル・コリンズ

アポロ11号の月面着陸50年周年を機に、新たに発掘された映像と音声でアポロ11号の9日間を描いたドキュメンタリー。月面着陸50周年を記念し、アメリカ公文書記録管理局(NARA)やNASAなどの協力により、新たに発掘された70ミリフィルムのアーカイブ映像や、1万1000時間以上におよぶ音声データなどをもとに製作。ナレーションやインタビューは加えず、4Kリマスターによって美しくよみがえった圧倒的な映像と音声のみで構成。打ち上げ管制センターの様子や宇宙飛行士たちが宇宙服を着用していく姿、そしてミッション完了後の回収船など、当時、全世界で5億人が見守ったとされる、人類史に刻まれた歴史的な瞬間を追体験することができる。
映画.comより引用)

タイトルに「完全版」とついているのは、科学館や博物館にて上映されるファースト・ステップ版(短縮版)に対しての文言だ。

総評

人類が初めて月に行き帰ってくるまでの大仕事を映し出す本物の映像に、息を呑みっぱなしの贅沢な90分だった。
ドキュメンタリーではあるがナレーションは無く、説明のためのCGも簡易なイラスト程度に留まっており、偉人たちの仕事ぶりや宇宙から見た地球・月の映像に集中出来る。
「50年前、NASAがめっちゃ頑張って人を月にやったらしい」程度の予備知識でも、十分に凄みが伝わってくるものとなっていた。

感想

アポロ11号が月に行った件について、陰謀論云々は脇に置いておく。
あと、この手の映画にネタバレも何も無いと思うので、以下わりと細かい話も遠慮無く書いている。

50年を経て蘇った、サイエンス・ノンフィクション

総評は先に書いたので、ここでは少し個人的な話からさせてほしい。
幼少期の私は、宇宙の図鑑1を度々眺めては、太陽の何十億倍とか平気で書いているスケールのデカさに圧倒・魅了された少年だった。
幸い私の両親は、子供の知育教材に支払うお金をケチるタイプではなかったようで、地球とか恐竜とかの図鑑も持っていたような気もする。
しかし、それらを差し置いて私がやたらとハマったのは、宇宙の図鑑だった。

いつの頃だったか、宇宙の図鑑の半分から後ろ数十ページが、背表紙から外れてバックリと剥がれ落ちたことがあった。
図鑑のページの糊付けが外れたのだ。要は、読み過ぎである。

そんな少年が小学生になれば機動戦士ガンダムにハマり、大人になればやたらと宇宙SF映画・アニメばかり観ては、妻に呆れ顔を向けられるのは必然と言える。

そして迎えた2019年夏、アポロ月面着陸から50周年を記念して、本作「アポロ11 完全版」が公開された。
これを知り、フィクションとしてのSFに入り浸った私の心に眠っていた童心が、「そろそろ本物を観たい」という顔をした。
(良い忘れていたが私はアラサーとよばれる齢なので、実際にアポロ11号が月面に行った日には、この世に湧いてすらいなかった)

多分地味だろうなぁ、という気持ちを抱きつつも、私の中に住む5歳児の要望に応え、公開初週末のスクリーン、ど真ん中の席をおさえた。

圧倒的な本物感

確かに、地味であった。しかし、本物であった。
宇宙服を着る間のアストロノーツが見せる表情。
ロケットを見に来たんだかバーベキューをしに来たんだか、よくわからない一般客。
エレベーターでロケットの先端に上がっていく数十秒間に映され続ける、ロケットの巨体。
担当部門における職務に全責任を追って叫ばれる、各部門長のゴーサイン。
フィクションではないという一点だけで、随分凄みが増す。

apollo11_2

当時世界中が固唾を飲んで見守ったであろう大仕事に、立ち会えた気分だった。
先述の我が童心も、かつて図鑑を舐めるように見ていたのと同じ目つきで、スクリーンを見守っていた。

なお、制作陣により語られた本作の価値について、以下の動画からコメントを見られる。

月の表面にて、恐ろしさで鼓動が高鳴る瞬間

本作で印象的だったシーンはたくさんあるが、ここでは怖くてドキドキしたという意味で、月の表面近くで描かれた2つのシーンについて取り上げたい。

月の裏側

まずは、月の裏側とでも言おうか、日の当たらない月の上空を飛ぶ時の、なんとも言えない恐ろしさだ。
足を踏み入れる者には容赦しないというような怖さ、決して人類を歓迎してはいないのだぞというような厳しさが、暗く冷たい月の様子から感じられた。

月に着陸する際のシステムエラー

次に、月への着陸シークエンスの最中、システムエラーが発生した瞬間だ。
宇宙船の進む速度が予定よりも少し速く、燃料もギリギリという状況。

ここでシステムエラーが発生。エラーコード:1202。
宇宙飛行士はこの意味を知らないため、本部に問い合せる。
1202とは何か。このまま着陸しても良いのか。

少し間があって「オーバーフローだ。問題無い」と返す本部。
直後にまたシステムエラー。同じ番号だ。本当に大丈夫なのか?
着陸間際には別のエラーコードまで出ている。

結果的にアポロ11号は月に着陸出来たのだから、50年経って見返す分には何のドキドキ感も無いはずなのだが。
それでも、1歩間違えれば月に激突しようかというタイミングで、為す術もないままアラートの音を聞くという状況を観るのは居心地が悪かった。

月面上のシーンは淡々と。生還までの工程は丁寧に。

月に降り立った瞬間、かの有名な「人間にとっては小さな一歩だが、 人類にとっては大きな飛躍である」とアームストロング氏。
(原文のmanにaがあるべきとか文法がどうとかで、わりとめんどくさいタイプの論争があるようだ。ここではスルーする)

映されるのはアームストロング氏の上から撮影した記録映像なので、特別な音楽が鳴ったり、着地の瞬間に足元にカメラが寄ったりはしない。
淡々と、次の仕事にかかるためのステップとしてその工程はあるのだ。
「ワオ!これが月か!やったぜ!!!」とか叫ばないあたり、頭の良い人は違う。

月面の石を採取したり、地震計を置いたり、アメリカの国旗を立てたり(重要)といった仕事の内容が映し出された後、地球に帰還する工程に移る。
月に行く時ほどじっくりではないが、抑えるところは抑え、ドキドキ感を保った良い構成だった。

apollo11_3


かつて図鑑が本の形を成さなくなるまでこれを読みまくった我が童心は、本作の本物感に大満足であったようだ。
また同時に、システムエンジニアとしてのキャリアを積んでいる大人心もまた、感服したという感じである。
人が作ったあるシステムが、きっちり動くべき時に不具合無く完璧に動くというのは、本当に難しいということを、私は経験から知っている。
それを50年も前に、我々が使っているコンピュータとは比較にならないほど非力な計算機でプログラムを組み、巨大なロケットを作り上げて飛ばした上に、月からサンプルを持ち帰った人々の偉業には、まったく恐れ入る。
(もちろん、ここに至るまでに夢半ばで命を落としたアストロノーツが多数居たことも忘れてはならない)

月に数人のアストロノーツが行ったからといって、突然その日から人類が一致団結したり、世界が平和になったりすることは無いだろう。
それでも、何かを明らかにしたいという好奇心と、もっと宇宙の遠くまで人の手足を伸ばしたいという夢に、莫大な費用と優秀な人々の能力が注ぎ込まれる時代であってほしい。
表面的に役立つとわかるものばかりにリソースが充てられる世の中だからこそ、そう思える一作品であった。

そういえば、同じくアポロ11号を取り扱った映画「ファースト・マン」と、昔よくロードショーでやっていた「アポロ13」はまさかの未履修だった。
近々、観てみようと思う。

以上。
ほな、また。


  1. おそらく、小学館ではなく学研から発行された図鑑だったと思う。 

映画カテゴリの最新記事