【映画】『 山猫は眠らない2 狙撃手の掟 』感想~火薬量とアホっぽさアップ、渋み大幅ダウンの残念仕様

【映画】『 山猫は眠らない2 狙撃手の掟 』感想~火薬量とアホっぽさアップ、渋み大幅ダウンの残念仕様
Pocket

山猫は眠らない2 狙撃手の掟

sniper2_1

山猫は眠らない2 狙撃手の掟 作品概要

2002年 アメリカ
原題:Sniper 2
監督:クレイグ・R・バクスリー
キャスト:
トム・ベレンジャー
ボキーム・ウッドバイン
エリカ・マロジャーン

↓前作

【映画】『 山猫は眠らない 』感想~ジャングル奥地でスナイパーの何たるかを体現する渋い奴

感想(ネタバレ無し)

退役した主人公が現場に戻る流れは良かったが、アクション面がチープな印象で、もったいない作品だった。

ベテランスナイパー、現場復帰

1993年の1作目から11年経ってようやく続編が出た。
主人公ベケットは前作の時点でベテランのオッサンだったが、そこから11年も経つとさすがに初老である。
危険な任務での現場復帰の見返りとして、かつて軍に居た頃の階級をベケットが要求するくだりは、前作通りの渋みがあって良かった。
作戦の舞台は前作のようなジャングルでなく市街地とすることで「前のと同じやん」と言われるのを回避したのも、良い采配だと思う。

戦闘が始まる。様子がおかしくなってくる。安っぽいぞ…?

スナイパーライフルから銃弾が放たれると、いつも通りドンパチが始まる。
敵の攻撃から隠れるベケットの残念な身のこなしに「あぁ、初老だなぁ」と思わざるを得ないが、退役軍人さんだから仕方ない。
主人公が迫力ある動きを出来ないのを補うためなのか、ずいぶん火薬盛り盛りの大爆発が目立った。
やってることは地味なのに、爆発だけこれ見よがしにド派手かつスローモーションなせいで、白けるというか集中力が切れるというか。

(路面電車がパトカーどついただけで、この景色)
sniper2_3

また、撃ち合いの演出にも問題があるようで、距離感の演出がかなり欠けていると感じた。
ベケットの立ち位置はスナイパーというよりも、現地レジスタンスと共に行動する護衛的なポジション、いわゆるマークスマンだ。
数十人規模の戦闘ならこれでもいいのだが、現地レジスタンスの戦力が貧弱なせいで大した戦闘にはならない。
短い戦闘の隙間に、映るが早いか撃つが早いかというペースで弾を撃ち込んでは逃げの一手、という展開となるため、不完全燃焼な感じが目立ってしまう。

一応スナイパーどうしの対決も用意されているが、ロケ地の複雑な作り込みに反して、かなり淡白な戦いだった。
戦争反対派おじさんが対決の真っ最中にベラベラ喋って緊迫感を削いでいるのもあって、非常に残念な仕上がりになっている。

sniper2_2


大筋のプロットは悪くないと思うので、戦闘シーンをもっと丁寧にやっていれば、かなり化けたのになぁと思う。

以上。
ほな、また。

↓次回作

【映画】『 山猫は眠らない3 決別の照準 』感想~プロットは悪くないが、アクションの無茶が過ぎるとか。

映画カテゴリの最新記事